ロードバイクスタンド研究所 | 自転車スタンドによるおすすめの室内保管方法

ロードバイクスタンド 自転車スタンド専門メーカーが運営するロードバイクスタンド/自転車スタンドの特集サイト。縦置き、2台置き、突っ張り棒、デザインスタンドなど、国内外問わず、人気・おすすめの自転車スタンドについてまとめています。

*

ロードバイクの室内保管の必要性と注意点

ロードバイクスタンドは必要?

これまでロードバイクを買ったことのない方や、買ったばかりの初心者と話をすると驚かれるのがその保管場所です。
一般的に、ロードバイクやクロスバイクは、室内保管が常識で部屋置き用のラック(スタンド)が必要です。それでは、何故ラック(スタンド)で室内保管をする必要があるのでしょうか。今回はその室内保管の必要性や室内保管することによる注意点などをご紹介したいと思います。

ロードバイクの室内保管が必要な理由

まずは、室内保管が必要な理由については大きく3つあります。

①盗難防止

室内保管を推奨する一番の理由は、やはり盗難防止だと思います。ロードバイクであれば安くても10万円は下らない高価な自転車です。
クロスバイクでも安くても4万円くらいはしますよね。
たとえ一戸建ての敷地内であっても不安です。ましてや、集合住宅の共用駐輪場に保管することは御法度です。
たまに集合住宅の駐車場にチェーンのみで保管している人を見ますが、自分のものでなくともハラハラしてしまいます。チェーンはよっぽどの重量級でない限り、切断するのに10秒もかからないでしょう。また頑丈にロックしていたとしても、部品を盗んでオークションで販売する悪質な者もいるので、かならず室内保管してほしいです。

②劣化の防止

最近のロードバイクやクロスバイクはさびにくくなりました。しかし、それはフレームやホイールに限ったことでパーツを止めるビスやブレーキワイヤーなどはいまだにさびやすいです。また、風雨にされされることにより、バイクを保護しているオイル等が流れてしまうことにより、全体の耐久性が損なわれます。
また、アルミフレームはもちろんですが、カーボンフレームでは日光に当たることにより、日焼けやフレームの劣化がおこります。
載っているときに急にポキッと折れてしまう可能性があるので、安全のためにもラック(スタンド)を用いて室内保管しなければなりません。

③乗っていなくても愛車を愛でることが出来る

ロードバイクやクロスバイクにどっぷりハマってしまった人はこれが最大の理由になるかもしれません。長く乗ったバイクはとても愛着が出ます。
私でも、ふとした時に愛車を見てニヤニヤしてしまう事があります。ディスプレイスタンドで保管するといつでも自分のロードバイクをみることができる。
自転車乗りとしては、十分な室内保管の理由になります。

室内保管する際の注意点

それでは、実際に室内保管を始める前にいくつかの注意点があります。

室内が汚れる可能性を理解しておく

室内保管する際は、どうしても汚れる可能性があります。泥やオイルなど理由は様々です。最低でも家に入れる前はタイヤを拭いたり
フレームについて土を落とすようにしましょう。

家族や大家の理解を得る

無用な争いが起こる前に、同居人である家族や、賃貸住宅てある場合は大家さんの理解を得ましょう。保管する場所を決めて、邪魔にならないようにおしゃれなラック(スタンド)を使えば、家族は理解を示してくれるかもしれません。大家さんについても建物を汚さないことを猛アピールして下さい。勝手にすると喧嘩の元となるのでご注意を。

まとめ

ロードバイクやクロスバイクはとてもデリケートです。扱いをきちんとすればいつまでも乗ることが出来ますが、ぞんざいに扱うとすぐ使い物にならなくなります。
街で傷んだ自転車を見ると悲しくなります。そして、万が一の事故の可能性も出てきます。
そうならないための第一歩として、室内保用の自転車ラック(スタンド)を買っては如何でしょう。次回からは、室内保管するためのラック(スタンド)の比較、選び方についてご紹介していきたいと思います。 こんなロードバイク用スタンド縦置きロードバイクスタンドなら|自転車スタンドのサイクルロッカーでお部屋にディスプレイしたらどうでしょう。

公開日:
最終更新日:2019/02/06